クリニック

看護師の仕事内容 美容皮膚科【クリニック】

近年、美容クリニックは増加の一途を辿っており、人気のあるお仕事のひとつです。ですが、病院や医療施設で働いていると美容系のお仕事は馴染みが薄く、なかなかイメージがしにくくて転職するには勇気がいるという方も多いのではないでしょうか?

美容系クリニックってどんなところ?

若手ナース

美容クリニックって華やかで憧れます!どんな患者さんがいらっしゃるんですか?

トリセツさん

クリニックの立地や施術内容によって多少異なりますが、どこのクリニックでも共通しているのはやはり、美意識の高い方が多いことですね。

美容クリニックでは「患者さん」ではなく「お客様」と呼びます。サービス業としての側面が強いです。

若手ナース

なるほど。病気の治療ではなく、自分をさらに良くするために来院するのは他の病院と違うところですね。

どんなスキルが必要なんでしょうか?

美容クリニックには、大きく分けて『美容外科』と『美容皮膚科』の2種類があります。

  • 美容外科
    • 二重まぶたの整形手術や豊胸手術、脂肪吸引などの外科的な手術
    • 手術の介助業務など、高い看護技術が必要
  • 美容皮膚科(美容内科、アンチエイジング)
    • レーザー照射による脱毛やシミ取り、ヒアルロン酸の注入治療によるシワ取りなど
    • お客様との接する時間が長く、長期に渡って治療を行うため、良好な信頼関係が築けるコミュニケーション能力が必要
トリセツさん

美容外科も美容皮膚科も「きれいになりたい!」と来院されるお客様の気持ちに寄り添い、前向きに施術を受けられるよう安心感を与えられるコミュニケーション能力やカウンセリング能力が必要です。

若手ナース

どんな治療でも不安はつきものですもんね。

施術メニューを見てみたら、たくさんあってびっくりしました。今までの病院でこんなにたくさんの処置見たことありません!

トリセツさん

そこが美容治療の特徴のひとつですね。自分の治療に対して、たくさん調べて来られる方も多いですし、日々新しい治療が増えますので、継続的な勉強と豊富な知識が必要になりますよ!

美容クリニックでは、美の追求を目的に、基本的には自由診療で利用者は高い負担を払っています。そのため、最近では一般病棟でも接遇に関して重要視されるようになってきましたが、笑顔や所作ひとつをとっても美容クリニックではより高い接遇スキルが求められます。

実際に働いてみて

若手ナース

働いていたときのお話が聞きたいです!

トリセツさん

アンチエイジングのクリニックで働いたことがあります。主に点滴の投与や静脈内注射をしました。

点滴が初めてという方も少なくなく、針を刺すことに不安が強い様子でした。なので、できる限り一回でルートキープできるよう、血管がしっかり出るように注意しました。点滴中もこまめに伺って、痛みが出ていないかなど確認するようにしましたよ。

若手ナース

せっかくきれいになるために来ているのに、あざが残ったりしたら嫌ですもんね。より安心できる環境づくりは、美容の場でなくても意識しなくてはいけないですね!

さいごに

美容クリニックへの転職をお考えということは、あなたも美容に興味があるのではないでしょうか。お客様に寄り添いながら、ご自身の美の追求もしていくことができます。これをきっかけに、まずはどんなクリニックがあるのか覗いてみてはいかかでしょうか?